〒722-0052 広島県尾道市山波町1905-9

0120-807-489

尾道市 歯科 インプラント ホワイトニング 矯正歯科 審美歯科 予防歯科

トップページ医院紹介スタッフ紹介コンセプト初診の方へ診療案内アクセス
ミーティング情報

ミーティング情報

Q&A

料金表

インプラントガイド

TOOTH FAIRY

EPARK歯科

TOP»  ミーティング情報

第105回 鶴栄会 合同ミーティング

平成30年10月

秋風が体に心地よく、きれいな青空が窓から見えるそんな日、10月の合同ミーティングが始まりました。

3医院合同のミーティングで今日は盛りだくさんのミーティングとなりました。

早速、各医院代表者が発表する勉強会が始まりました。



ブランデンタルクリニック 発表者:野村さん
演題『ストレスを味方につけよう』


皆さんも何かとストレスを感じながら、日々過ごしているのではないでしょうか。

そんなストレスを味方につける方法を紹介してくれました。

第105回 鶴栄会 合同ミーティング

ストレスの軽減法

1. 1日30分ゆっくり本を読む
2. 思った事や感情をひたすら紙に書き出す
3. 自然(緑)と親しむ
4. 楽しい事を思い出す


なるほど、簡単に出来そうな事ばかりと思うのですが、毎日バタバタとしてる、

そういう日々の中、5分の時間をどうやって作るかと思いますが、時間の有効利用

をしっかり考えて、ストレスが軽減できるといいなと思いました。

4番あたりは、すぐに出来そうですね。
 

 

ブランデンタルクリニック加西 発表者:田中さん
演題『Disc理論』


セミナーに参加した事を発表してくれました。

『Disc理論』皆さんは、耳にした事があるでしょうか。

人は、大きく4つのタイプに分かれていて、患者さんのタイプを覚えて有効に使おうというお話でした。


4つのタイプ

D… 主導傾向→結果を求める

I … 感化傾向→やるなら楽しく

S… 安全傾向→安全・安定

C… 慎重傾向→模範・正しさ


患者さんのタイプを見極めて接すると、今まで見えてこなかった事も見えてくるかもしれません。患者さんに安心してもらうためにも、どのように接したらよいか、行き辺りばったりではなく、患者さんの気持ちを大切にした診療が出来そうです。
 

第105回 鶴栄会 合同ミーティング
 

 

砂田歯科医院 発表者:砂田先生
演題『あるクレームから考える』


Yahoo知恵袋に投稿されていた歯科医院の話を取り上げ、患者さんの気持ちや、考え方

人それぞれではあるけれど、患者さんに不信感を与えないように、治療に対しての話はしっかりして誤解を生まないように気を付けましょうと、身の引き締まる思いで聞きました。

第105回 鶴栄会 合同ミーティング

症例発表もありました。
 

 

砂田歯科医院 発表者:杉原さん
演題『歯周治療』


衛生士さんは日々患者さんのお口の中と向き合っていて、患者さん一人一人にあった歯磨き指導などをしています。患者さんとのコニュニケーションを大切にしているそうです。

お口の健康をより良くし、いつまでも自分の歯で食事が出来るようにと、歯周病菌の話題も上がりました。

歯磨きで悩んでいる事はありませんか?

ぜひ、衛生士さんに相談してみて下さいね。

第105回 鶴栄会 合同ミーティング
 

 

ブランデンタルクリニック加西 発表者:花田先生
演題『受付が知っておいてもいいカリエス症例』


酸蝕症のお話でした。

歯頚部がカリエスになっている症例で、その方は果実酢を自分で作って毎日飲んでいたという事でした。お酢は体にいいのですが、果実酢は砂糖もたくさん入っていて虫歯の原因になってしまうのです。

梅干しが大好きで毎日食べている子供も、同じようにカリエスになってしまったようです。

対策の一つとして食べたらうがい、歯磨きをするといいそうです。

食べた後の歯磨き、忘れないで下さいね。

第105回 鶴栄会 合同ミーティング

もりだくさんの勉強会も終わりました。

今年も残すところ、後2回のミーティング。

来月は、街もクリスマスモードになっているでしょうか。

第104回 鶴栄会 合同ミーティング

平成30年9月13日(木)

中々すっきりしないお天気が続いていますが、雨の合間に吹く風がとても心地良く感じる季節になりました。

理事長の話は、プロテニスプレイヤーの大阪なおみ選手の事でした。

素晴らしい人柄で、自分がちっぽけでまだまだだなと改めて考えるよい機会となりました。

さて、そんな中で勉強会が始まりました。

砂田歯科医院:亀田さん 演題『口臭について』

口臭が気になるなと思った事はありませんか?

口臭にも、生理的なもの・食べ物・病気が原因なもの・ストレス・心理的なものとあります。

原因を探って、1個づつ解決していきます。

そして何より大切なのは、舌のお掃除です。

舌ブラシに、口臭予防の歯磨粉、やはりケアは大切です。

口臭が気になる前に、舌ブラシを使ってみましょう。

なんか気になるかもと思っている方、ぜひ相談して下さいね。

舌磨きの大切さを改めて考え直す事が出来ました。

第104回 鶴栄会 合同ミーティング

続いて

ブランデンタルクリニック:藤井さん 演題『TBI~プラークコントロールの大切さ~』

藤井さんが患者さんに、歯磨き指導をしている時、大切にしている事の話でした。

ただ、技術的な事を指導するだけではなく、患者さん一人一人にあった指導を考え、環境や性格を考慮して、1つだけ宿題を出し、クリア出来たらまた一つと、決して無理はしないそうです。

患者さんの話を聞く事を大切にして、お口の健康を一緒に守っていくお手伝いをしている。

お口の中に無関心だった患者さんが、いつの間にか衛生士さんに相談している風景を見ると衛生士さんの努力が患者さんに伝わったのだなと見ているこちらもうれしくなります。

奥が深い、毎日の歯磨き!まだ歯磨き指導を受けてない方はぜひ、体験してみて下さいね。 

第104回 鶴栄会 合同ミーティング

来月は3医院合同のミーティングです。

久しぶりに加西のメンバーに会えます。いろいろ楽しい勉強会になりそうです。

7月:第103回 鶴栄会 合同ミーティング

平成30年7月12日(木)

梅雨も明けて、夏ばれのムシムシする中のミーティングとなりました。
理事長の話は、先週の大雨のお話でした。
当医院も周りの道路が冠水したりと今まで経験のしたことのない災害でした。
尾道は断水しているため、砂田歯科では水の確保をしながら診療をしています。
大変な状況ですが、スタッフで助け合いまた、患者様に助けていただきながら、感謝の想いで診療をしているそうです。

災害はやはり身近にもおこるのです。つくづく日頃の意識の低さに反省しました。
皆様は大丈夫でしょうか。熱い中ですので、充分体調管理は気を付けて下さいね。


さて、勉強会が始まりました。


砂田歯科医院 都原さん 『要領の良い人、悪い人』

私も決して要領は良くなく、気付いたら時間だけが過ぎていた、なんて事があり、なるほど、なるほどと思いながら聞いていました。

仕事の優先順位だったり、仕事をする時に机の上がいつの間にか乱雑になっていたりちょっとした工夫をしながら、仕事を進めていたかなくてはいけないなと改めて考えさせられました。

続いては


ブランデンタルクリニック 山本さん 『苦手意識を払拭するぞ!』

山本さんは、自分から話かけるのがちょっと苦手なんだそうです。確かに職場では聞き役という感じです。
そんな山本さんが、苦手意識をなくそうと試みたのが質疑応答です。
普段あまり話をすることない、砂田歯科スタッフに質問を投げかけ、会話のキャッチボールをするというものでした。

笑いありの楽しい勉強会になり、山本さんもきっと一歩踏み出させたのではないかと思います。

最後に、先月の旅行プレゼンの大賞発表がありました。

見事1位に輝いたのは、『セレブチーム』砂田歯科スタッフの亀田さん、杉原さんのチームでした。
2位 なかよしチーム:加西の武澤さん、森本さんチーム
3位 砂田歯科:嘉見さん、坂倉さん、都原さんチーム
特別賞 ブラン福山:小野さん、川上さんチーム チーム40‘S 藤井さん、野村
さん、畠山

以上が受賞し、さて来年はと意気込むスタッフたちです。

6月:第102回 鶴栄会 合同ミーティング

平成30年6月21日(木)

ムシムシとした梅雨日和、温度の上がった中で、今日はワークショップです。

鶴栄会に新しい仲間が増えました。
砂田歯科医院には、衛生士さん2名。ブラン福山には、受付さん1名。
まだまだ分からない事も多いと思いますが、笑顔で共に頑張っていけるよう、私達も初心に帰り
身の引きしまる思いでした。

さて、早速グループ分け。衛生士チーム、受付・助手チーム、マタニティチームに分かれての
ワークショップとなりました。

どのグループからも元気の良い声が飛び交い、活気あふれていました。

今日、話したことを明日へ繋げて、日々精進出来ればと思っています。

最後に、先月の研修旅行のプレゼンが始まりました。
みんな入賞を目指して、個性あるプレゼンが繰り広げられました。

テーマは「インスタ映え」いろんな捉え方があって、楽しい時間となりました。

来月は、外部講師の勉強会もあります。充実したミーティングになりそうです。

4月:第101回 鶴栄会 合同ミーティング

平成30年4月12日(木)

桜の花も散り、新緑がきれいな時期になりました。
少し肌寒い日もありますが、ゴールデンウィークも目の前、月日の流れを感じながらの
合同ミーティングとなりました。


早速勉強会が始まりました。

砂田歯科医院 発表者:嘉見さん
演題『平成30年度 診療報酬改定について』


毎年改定される診療報酬のポイントを毎年分かりやすく説明しれくれます。
今回も何点か、注意ポイントがありました。
明日からの診療に生かせるようにみんな一生懸命聞いていました。

ブランデンタルクリニック 発表者:畠山
演題『コミュニケーション能力向上〜素人がすぐに出来る5つの方法〜』


今回の勉強会の題材選びに悩んでいた私は、歯科の仕事に携わってずっと大切にしている
コミュニケーションの話をして、自分もスキルアップ出来ればと思いました。
一番心に残ったのは、話す事も大事だけど、聞く事・傾聴もすごく大事だと学びました。
人が話しているのに、最後まで聞かずに途中で割って入ったり、心ここにあらずの姿勢で
聞いていたりと反省点がポロポロ出てきました。
これからは、話す前に聞く姿勢を大切に、相手の伝えたい事をピンポイントに感じ取れると
いいなと思いました。

今回は盛りだくさんの内容で症例発表もありました。


ブランデンタルクリニック 発表者:三阪先生
演題『根未完成歯の根管治療』


まだ生えて間もない永久歯の根っこの症例を発表して下さいました。
残念な事に虫歯になってしまい神経の治療をしなくてはいけなくなったそうです。
最終的には無事に治療も終わったとの事、虫歯には注意しなくてはなと改めて感じました。

ブランデンタルクリニック 発表者:花本さん
演題『キッズクラブ』


鶴栄会の子供の予防歯科も16年目になるようです。
開始当時から携わっていた花本さんは改めて、理事長の想いだったり、企画倒れした事など
若いスタッフ達に向けて話をしてくれました。
何かを企画して実行、例え失敗してもいい、大切なのは考えることと忘れていた初心を
思い出させてくれるプレゼンでした。

古くからの仕来りをたいせつにして、かつそこに新しい事を試みる。
考える力がたくさんあれば、その組織は成長し、仕事の楽しさに触れ、次世代に繋げていく。
私たちが今、大切にしている事を若いスタッフ達に継承できるといいなと改めて感じた
勉強会でした。


5月は、院内研修旅行のお話です。
どんな研修をするのかは、来月のお楽しみです。

3月:第100回 鶴栄会 合同ミーティング

平成30年3月15日(木)

歴史ある合同ミーティングが、本日100回目を迎えました。
朝から、衛生士・受付の勉強会をした後、理事長が作成した『プチムービー』の上映がありました。
たくさんの写真を、初期メンバーは懐かしみ、まだ鶴栄会に入社して間がないスタッフは先輩達の若さ!?に驚き、時に笑いが起こりつつの楽しい上映会となりました。

理事長は睡眠時間を削って作成して下さったそうです。
楽しい時間をプレゼントして頂き感謝です。

上映会の後、場所を移し、『ヴェルデュ都』にて『合同ミーティング100回記念ランチパーティー』が開催されました。

ちょっとだけおしゃれをしたスタッフ、料理はもちろんの事、100回目という節目に花を添えてくれました。

この日、リーダー達はスタッフへのサプライズを準備していました。
日頃、頑張ってくれているスタッフひとり一人に感謝状を贈りました。
各医院特色のある感謝状で、笑いあり!?涙ありの素敵な会になりました。

今日の主役はスタッフです。

理事長は会場の端の方で時折、ハンカチで涙をぬぐいながら見ていました。

あっという間にランチパーティーも終わり、会場にはこれからも鶴栄会を盛り上げていこうという余韻でいっぱいでした。

『常に最先端の技術を提供し続けます。』
これからも合同ミーティングを通しいろんな技術、考え方を勉強出来たらいいなと改めて感じました。

2月:第99回 鶴栄会 合同ミーティング

平成30年2月22日(木)

平昌オリンピックも終盤を迎え、日本中が盛り上がっている時、合同ミーティングは開催されました。

理事長の挨拶も、オリンピックにまつわる話。メダルを首に下げた選手たちが、口々に言ったセリフは、
「このメダルはサポートしてくれた人がいたからとれたメダル。皆に感謝の気持ちでいっぱいです。」
会社の組織も同じで、一人では出来ない事も皆でフォロー出来れば大きな形になる。
感謝の気持ちを忘れず日々頑張りましょうと、熱いメッセージでした。


早速、勉強会です。
今日、初めての発表になる柴田さんです。


砂田歯科医院 発表者:柴田さん
演題『薬物性歯肉増殖症について』

元気に毎日を過ごす為に、お医者さんから処方された薬を飲んでいる方は多いのではないかと思います。
飲んでいるお薬によって、歯肉が増殖し、歯磨きが難しく、お口の中を清潔に保つのが困難になるそうです。

お医者さんに相談して、効果を変えず薬を代えてもらえるならそうして頂く。

プロフェッショナルのケアが大切なのはもちろんですが、セルフケアもしっかりして、お口の健康を維持しましょうと、初めての発表でしたが堂々として、しっかり自分の想いを伝えていました。今後の発表も楽しみです。


続いては、ブランデンタルクリニック福山の延永さんです。


ブランデンタルクリニック福山 発表者:延永さん
演題『素敵な笑顔の作り方~苦手な患者さんを克服しよう~』

今回、私も少し関わらせてもらい、ちょっと変わった試みでの発表となりました。
十人十色いろんな人がいる中で、誰しも「ちょっと苦手かも」という人は必ずいるのではないでしょうか。
そんなちょっと苦手な人からもらった言葉と笑顔で、一歩踏み込んだ対応をしてまずは、自分をそして、みんなを笑顔に出来るよう、実験と称してトライしたことを発表しました。
まだまだ学ぶべきところ、改善しないといけないところはたくさんありますが、今回の気付きを大切してもらって、一緒に笑顔を広げていければと再確認しました。
『笑顔が溢れるクリニックにしたい。それが私達全員の願いです』初心を忘れずです。


春もすぐそこ、虫が目を覚ます啓蟄を迎えます。
私達も、フルパワー全開で仕事に邁進出来ればと思います。

3月は『100回目のミーティング』です。きっと楽しいお話が出来ると思います。
楽しみにしていてくださいね。

1月:第98回 鶴栄会 合同ミーティング

平成30年1月18日(木)

今年初めての鶴栄会のミーティングが始まりました。
新年初めてのミーティングは毎年3医院合同と決まっています。
そして必ず決まっているのは、鶴栄会・各医院・各リーダーの医院目標の発表です。

鶴栄会『考える人になろう』
砂田歯科医院『一つひとつの事を考えて行動し、自分の行動に責任を持つ』
ブランデンタルクリニック福山『病院力』
ブランデンタルクリニック加西『初心忘るべからず』


今年1年大きな目標を胸に焼き付けて日々精進出来たらと思います。


さて、勉強会が始まりました。



砂田歯科医院 『講習会で学んだ事』 発表者:杉原さん

講習会の参加率は、鶴栄会のトップなのではないでしょうか。そんなベテラン衛生士さんのお話です。
私の印象に残ったお話は、デンタルガムの事です。
皆さんもよく知っている、キシリトール・リカルデント・ポスカF、もしかしたらポスカFは初めてという方もいらっしゃるかもしれませんね。
好みもあるかもしれませんが、目的によって使い!?噛み!分けてるといいかもしれません。
虫歯予防には、キシリトールガム。
エナメル質の白濁や初期虫歯には、リカルデントやポスカF。
なるほど!普段何気なく選んでいたけど、効果の違いもあったんですね。

ブランデンタルクリニック福山 『なぜ青学はこんなにも強いのか?』 発表者:花本さん

お正月の箱根駅伝を楽しみにされている方は多いのではないでしょうか。
今年も優勝!4連覇!選手が一番すごいなと思いますが、指導者の原先生もすごく素敵な人ですよね。
そんな原先生の本を読んで、思い付いたそうです。
今年の鶴栄会の目標は「考える人になろう。」考える人とは・・・相談が出来る人!
相談までに、至る過程に必ず自分の意見が入っている事が大事だというお話でした。
普段何気ない相談に自分の意見や周りの意見いろんな事を踏まえて相談出来ているだろうかと考えさせられる発表でした。

ブランデンタルクリニック加西 『口腔ガン』 発表者:花田先生

口腔ガンの死亡率は46.1%。日本だけ増加傾向にあるそうです。
アメリカでは、早期発見・早期治療を徹底する事で、罹患率はあまり変化ないそうですが、死亡率は19.1%と減少しているそうです。
口腔ガンは初期に治療出来れば、5年生存率が90%近くあるという報告もされているそうです。
初期症状も少し痛みを伴うくらいなので、大切なのは定期的な検診です。
おかしいなと感じたら、ぜひ受診して下さいね。

そして、症例発表です。


砂田歯科医院 『審美症例』 発表者:亀田さん

前歯の変色を気にされて来院された患者さんに、寄り添いながら治療をしたお話でした。
前歯に悩みを抱えている患者さんは、多くいらっしゃいます。
どれだけ、寄り添う事が出来、満足して頂けるか貴重な話を聞くことが出来ました。

砂田歯科医院 『インプラントを用いた咬合修復』 発表者:砂田先生

初診時の主訴は、「かぶせがとれた」との事。フルポーセレンセラミックの患者さんでした。
下顎8本の大きなインプラント処置となりました。完成までに約1年半という歳月をかけたのは、患者さんの仕事も考慮されていたようです。
ただ、処置をすればよいという考え方ではなく、患者さんに寄り添い、治療を進めるという大切さも一緒に学ぶ事が出来ました。

最後に、2017年アイアンウーマンの発表です。
体調管理をしっかりし、病欠する事をなく、どんな事情があろうと遅刻も早退もない
そんな『鉄の女』に贈られる賞です。
武澤さん、川上さん、佐藤さん。
武澤さんは、毎年受賞されています。
患者さんや、職場のスタッフに迷惑をかけないように体調管理はしっかりしていきたいと思いました。


2018年のスタートらしく盛りだくさんの内容でした。
来月は、どんな合同ミーティングになるでしょうか。


また、お話出来るのを楽しみにしています。

PAGE TOP