〒722-0052 広島県尾道市山波町1905-9

0120-807-489

尾道市 歯科 インプラント ホワイトニング 矯正歯科 審美歯科 予防歯科

トップページ医院紹介スタッフ紹介コンセプト初診の方へ診療案内アクセス
マタニティクラブおたより

マタニティクラブおたより

Q&A

料金表

インプラントガイド

TOOTH FAIRY

EPARK歯科

TOP»  マタニティクラブおたより

2019.SUMMER

妊婦さんSPECIAL号

今回は「妊婦さんSPECIAL号」ということで、妊娠中のお口の中のこと・疑問などをまとめました。
これからママになる女性や、ご家族の方にも読んで頂きたい内容になっています。

妊婦さんの歯科治療

『妊娠後に歯が悪くなった』という話を聞いたことがありませんか?実は、妊婦さんのお口がむし歯になりやすいというのは本当のことです。
ただし、『カルシウムを赤ちゃんに取られてしまうから』ということではありません。妊婦さんの体に起きる変化が大きく関わっているのです。

妊婦さんのむし歯

リスク1 つわり

〇歯ブラシを口に入れるとオエッとなりやすく、歯磨きが難しくなる
〇歯磨剤が苦手になるとフッ素の効果が期待できない
〇お口に胃酸が逆流し強い酸に触れた歯の表面が溶けてしまう

リスク2 食の好みの変化

〇甘いものが好きになると、むし歯菌の好きな砂糖をたくさん摂取するようになる
〇酸っぱいものが好きになると、強い酸が歯の表面に触れる機会が増え、歯の表面が溶けやすくなる

リスク3 間食

〇食べつわりでちょこちょこ食べると、むし歯菌はそのたびにエサを貰えて大喜び(特に甘いもの)

リスク4 唾液の減少

〇ホルモンの影響で分泌量が減るので、唾液の粘り気が増し、お口の中の汚れが流されにくくなる
〇むし歯になりかけている歯を修復してくれる唾液の再石灰化作用が弱まってしまう

妊婦さんの歯肉炎・歯周病

子宮やおっぱいを大きくし、胎児が元気に育つように体を変化させる女性ホルモン。
歯周病菌の仲間には、このホルモンを栄養源とするものがいて、盛んに増殖し活発に活動します。

そのため妊娠中はふだん歯肉が腫れない人も歯周病の初期症状『歯肉炎』になりやすくなります。
歯周病の炎症は、低体重児出産(早産)と関連すると言われ、赤ちゃんの成長に影響を与えかねません。

早期に治療を受けてむし歯・歯周病を予防&治療しましょう!

妊婦さんの歯科受診

妊娠中だとお伝えください。
使用する薬剤を妊娠期に合わせて配慮します。
また、産科の主治医に注意を受けていることがある場合もお伝えください。
治療の相談はお早めに!
妊婦さんのお口の中は、妊娠前と比べてむし歯や歯周病が進行しやすくなっています。
治療を躊躇すると思わぬ悪化を招くこともあるので、症状が軽いうちに歯科医院で検査を受けましょう。
産科の主治医にも相談をしましょう。
妊娠高血圧症や妊娠糖尿病などにかかっていたり、外科などの大きな治療が必要な場合は、必要に応じて歯科と産科が連携して治療を進めます。
意外と多い親知らずのトラブル
「親知らずの抜歯を先延ばしにしている」という方、多いのではありませんか?歯肉が腫れやすく、むし歯も進行しやすい妊娠中は、急に親知らずが悪化して抜く事になる方が意外と多いのです。「将来赤ちゃんが欲しいな」と思ったら、親知らずは抜くことをおススメします。
 

妊娠中の治療 受けられる時期と注意点は?

【妊娠初期(0~15週)】
つわりで繰り返しおきる嘔吐や、嗜好物の変化、吐き気による歯磨き不足などのために、むし歯や歯周病になりやすいお口へ急激に変化しやすいです。赤ちゃんの重要な機器がつくられ、大切な時期でもあります。流産の危険性も考慮して、痛みや炎症をひとまず止めるための応急処置にとどめます。
【妊娠中期(16~27週)】
徐々につわりがおさまって歯磨きが楽になってきます。
一方、食欲が増して間食の回数が増えるなど、むし歯の原因になりやすい時期です。胎盤が完成する安定期に入りますので、産後まで治療を待てない場合、外科処置を含む、一般的な歯科治療を受けることができます。
【 妊娠後期(28~39週)】
赤ちゃんが急激に成長して、子宮が大きくなるので、胃が圧迫され、一度にたくさん食べられません。ちょこちょこ食べる必要があるので、むし歯のリスクが上がる時期です。
お腹も大きくなるので、仰向けで診察を受けると大静脈を圧迫され、低血圧症を起こしやすくなります。チェアの背もたれを少し立ててもらって、短時間の応急処置にとどめるなど、体調に合わせた治療計画を立ててもらいましょう。

気になる赤ちゃんへの影響

歯科の局所麻酔は?
一般的な歯科治療で使われている麻酔薬は、無痛分娩や帝王切開にも使われ、妊娠全週で問題なく使用できる麻酔薬です。赤ちゃんのためにも痛みのストレスは我慢しないで。
歯科でもらうお薬は?
お薬の安全性については、お腹の赤ちゃんに試してみるわけにいかないため、確認されているお薬はありません。
歯科では、比較的安全性が高いとされているお薬を必要最小限で処方しています。
歯科のレントゲンは?
歯科のレントゲン撮影は、歯や歯茎や歯を支える骨の中に隠れていて見えないむし歯や歯周病を把握し、治療するための、とても重要な検査です。
歯科のレントゲン撮影の放射線量は、デンタルレントゲン撮影1枚につき約0.008mSv(マイクロシーベルト)、パノラマレントゲン撮影1枚につき約0.01mSvです。
日本に住んでいる人間が1年間に浴びる自然放射線量は約2.1mSvですので、いかに歯科レントゲンの放射線量が少ないかご理解いただけるかと思います。
※自然放射線とは、宇宙や空気、大地、食べ物から受ける放射線です。地域によって放射線量が異なります。
PAGE TOP