〒722-0052 広島県尾道市山波町1905-9

0120-807-489

尾道市 歯科 インプラント ホワイトニング 矯正歯科 審美歯科 予防歯科

トップページ医院紹介スタッフ紹介コンセプト初診の方へ診療案内アクセス
歯科コラム

歯科コラム

歯科コラム

Q&A

料金表

インプラントガイド

TOOTH FAIRY

EPARK歯科

TOP»  歯科コラム

酸蝕歯(さんしょくし)って?

歯が溶けるというと虫歯でなると皆さん思うでしょうが、それだけではないんです。
実は酸性の食べ物や飲み物に触れると歯は溶けてしまうのです。
これは科学的に起こる現象で溶け方の度合いが大きいです。
こういう状態で溶けてしまった歯を酸蝕歯と呼んでいます。

酸蝕自体は特殊な現象ではありません。
しかし最近特に注目されるようになってきたのは、今までは唾液が運んできてくれるミネラル分によって口の中が中和され溶ける+修復するがバランスよく行なわれていましたが、健康ブームで酢やワインやスポーツ飲料などを多く飲む人が増え、唾液の中のミネラルとのバランスが崩れて虫歯ではなく、歯が大きく溶けてしまっている人がいるからです。
もちろん、酢やワイン、スポーツ飲料以外にも酸性のものはなりやすくなります。

酸性の強いものを摂取した後は、必ず歯磨きをするかまたはうがいをする。
出来ない場合は水を飲むなどすると酸蝕歯は予防できます。
また酸蝕歯で溶けてしまった場合でも当院では牛乳由来のミネラルであるリカルデントを豊富に含むペースト(MIペースト)をマウスピースの中にいれてパックする方法で治療しています。
自分の歯は大丈夫?って思われる方は一度ご相談ください。

MIペースト

PAGE TOP